建物のセキュリティを自動化

VerkadaのAPI、Webhookおよび RTSPストリームを使用して、既存のシステムに接続し、セキュリティオペレーションを自動化します。

あらゆるプラットフォームからカメラ映像を確認

独自の統合システムを構築する

当社の既存の統合システムを確認する

Verkada APIでできること

Helixを使用して、データをイベントに変換

Helixによって、Verkada Commandは物理セキュリティの枠を越えた価値を生み出します。自社データを使用してVerkada Commandで映像を検索し、調査を行うことができます。

  • 組織独自のイベントを生成

    サードパーティ製アプリケーションからのデータとカメラ映像を組み合わせて、検索可能なカスタムイベントを作成します。

  • カスタム属性を使用してイベントを検索

    イベントを分類するためにHelixが使用する属性を定義できます。また、柔軟な検索ツールを使用して、特定のビデオクリップを探し出すことも可能です。

  • 必要なセットアップは最小限

    Helixは、VerkadaのパブリックAPIエンドポイントを使用してすばやく簡単にセットアップでき、すべてのVerkadaカメラで使用できます。

ご利用のツールやシステムと統合できます

Verkadaを無料で試す

30日間のトライアルには、カメラと管理プラットフォームの全機能へのアクセスが含まれています。